FC2ブログ

夏休みの宿題と親

 24,2011 10:30
「モラルを守らないと社会の秩序が保たれない」
この言葉が頭の中に浮かんでいます。
朝からTVのワイドショーは島田紳助さん引退の話題ばかり。
NHKでもニュースになるくらいですから、
やはり人気タレントであったのは間違いない事実。
さぞかし各TV局は対応に追われていることでしょう。



追われると云えば、夏休みもあと1週間。
(もう二学期が始まっている地域もありますが)
子供の宿題を心配しなくなってもう何年経つでしょうか。
(いきなりソフトな話題展開になりましたぁ)
振り返れば親バカな思い出ばかり浮かんできますよ。

小学校1年の夏休み。
宿題は確か「読書感想文とその物語の絵」。
息子は本好きだったので感想文は問題なかったけど、
あまり絵は得意じゃなかった。
お世辞でも上手くはありませんでした。

新1年生の母は、母としての夏休み宿題も1年生。
「こりゃーどうにかせねば~」とついつい口出す手を出す。
ついには父親までも、
「どれどれ、こうだろ~」と絵を書き出してしまった。
完成したのはどう見ても1年生らしからぬ芸術的な絵。
「もうちょっと下手にした方が・・・」と夫婦で共作。
息子はもうファミコンをし始めていました。

9月の父母会。
教室の廊下には宿題の絵が勢揃い。
どう見ても親が手伝ったらしき絵がずらっと陳列。
まあ1年生だから親もハラハラの夏を過ごした証でしょうね。

「甘い!」とお考えのお方もいらっしゃるとは思いますが、
親なんてそんなものでございます。
特に小学生の親なんて。
そんな経験ありませんか。

この時期アニメの「サザエさん」では、
カツオくんの夏休み宿題大作戦が繰り広げられます。
毎年5年生なんだから、
宿題も同じじゃないのかしらねぇ。






追伸
<同じ星座>に連日追加コメントありがとうございます!
<たまにこんな事考えるよ>からのコメントが続いた結果であります。
この記事コメントから読み返すと繋がりがよーくわかりますね。




関連記事

Comment 0

Latest Posts