FC2ブログ

母の日に母を想う

 14,2018 00:00

ワタシの母は全く母親の自覚が感じられない人間でした。
「自分の子供を可愛いと思ったことが無い」と、
残酷な言葉を耳にした時には「そうだろうな」と納得したほどでした。


自分が子供を出産して一番不安だったことは、
あの母のようになってしまうのではないか、
子供を愛せるのだろうか、
母親として王道の姿を体験せずに(つまり母からの愛情を実感せずに育ち)、
自分が母親になれるのかでした。


「あの人は反面教師」と肝に銘じ、
子供にしてはいけないこと、
言ってはいけないこと、
逆にしてあげること、
しなければいけないこと、
自分が子供の頃してほしかったことが全てワタシの子育ての基本になりました。


子育てに正解はないけれど、
ワタシの幼少期の辛い経験が良い意味で活かされたと今やっと思えます。
人生はプラスマイナスでおまけ付き。


母はもう自分の気持ちを話すことさえ不自由になり、
二度と自分の脚で歩くことができなくなりました。
将来自分もそのようなに老いていくのだと思うと、
今の母はもう反面教師ではなく、
自分の未来の姿を写す鏡を見ているように感じます。


IMG_9567 (2)


全て水に流せるほど寛容さはまだ自分には無いけれど、
長生きしてね、お母さん!





関連記事

Comment 0

Latest Posts