FC2ブログ

梅雨明けの朝、冷蔵庫が壊れた

 29,2016 22:30

昨日関東地方もやっと梅雨明けしました。
でもそんなニュースが耳に入らない程、
朝から冷蔵庫の前で「どうした?何で?」を繰り返しながら、
冷凍庫の食品を処分しておりました。


正確に言いますと、
冷蔵庫の冷凍庫だけが-4℃(通常-22℃前後)になっており、
ガリガリ君は袋の中で水色の液体と棒の状態。。
カップのかき氷も赤い液体。
カップアイスクリームはクリーム色の液体。
全てアイス類は液体化し冷凍庫の中で、
チャッポンチャッポンと波打っておりました。


冷凍食品はヘナヘナ~と元気なく、
既に冷凍とは言いがたい姿。
もう悲しいの極み。


これは冷凍庫の詰め過ぎかと液体となったアイスを処分し、
もったいないけど冷凍食品もゴミ箱直行とし、
空にして冷凍庫の温度を見守っておりました。


過ぎた時間は8時間。
-10℃までは回復しましたが、
これはもう寿命だなと判断。
そう既に購入から15年過ぎていたのです。
生まれた赤ちゃんが高校生になる年月。
考えてみれば当たり冷蔵庫だったのかもしれません。


しかし、そんな感傷的な気持ちに浸っている場合じゃない!梅雨が明けたのです。
冷蔵庫(冷凍庫)無ければ死活問題。
それに隅田川花火大会はもう目前。
お殿(夫)に会社からタクシーで帰宅してもらい、
錦糸町ヨドバシへ一緒にダッシュ!


使い続けた冷蔵庫は真ん中が野菜室。
タッチオープンタイプが便利だったので、
同じメーカーのものを選び、
「明朝配達して下さい!」と店員さんにすがるすがる。
「でももう少し安くできない?」とお願いも忘れない。
ほんの気持ち程度の値引きをしてもらい、
無事帰宅の途に就く。
(安心したせいか帰り道に錦糸公園でポケモンGOやる余裕)


さて本日朝9時半に新しい冷蔵庫が到着しました。
古い冷蔵庫の下が凄い埃の温床となっていて驚いた。
ワタシの背丈程の高さから家族の誰よりも高い冷蔵庫が、
キッチンの隅でまだ慣れない様子で働き始めました。


用もないのに開けて中を眺めるオスカル家の人々。
冷蔵庫の仕事の邪魔ばかりしております。
そのうち家族の一員としてその存在も気にならなくなりつつ、
重要な役割をこの先何年稼働してくれるのやら。
頼むで、ニュー冷蔵庫くん!
君が我が家の食生活の要なのだから。


そんなこんなの本日金曜日。
冷蔵庫が壊れ新しい冷蔵庫が届くのを予言していたかのように、
お殿は夏休みを取得しておりました。
いてくれて良かった。助かった。
「いや~ヨドバシって凄いよね」と二人で感心。


明日の隅田川花火大会は、
キンキンに冷えたビールを頼むぜ、新入り冷蔵庫くん!



qwehg (2)
(先週末、十間橋からスマホ撮影)





関連記事

Comment 0

Latest Posts