FC2ブログ

赤い折り鶴

 07,2010 14:23
もうすぐ母の日。
世界各国で母の日はあるようですが、
一番多いのが5月第2日曜日だそうです。
アメリカでは母の日は祝日、
白いカーネーションが送られると聞いたことがある。

私は母の日に、一度もカーネーションやプレゼントを贈ったことがない。
その辺の小学生の方が、よっぽど母親想いだと思っている。

小学校低学年の時、友だちが自分の母親に感謝の手紙を書くというので、
試しに自分も書いてみようとした。
何をどう感謝すればいいのか見当もつかなかった。
いつもいつも不幸の種は母が撒き、
それが連鎖して大きな嵐を呼んでいた。
家にいる女の人を母とは思えなかった。
でも子供の私には、面倒をみてもらっている恩がある。
せめてありがとうくらいは言ってもいいかもしれない。
もしかしたらこれがきっかけで、
優しいお母さんになってくれるかもしれないと秘かに願いも込めてみた。

赤い折り紙で鶴を折り、
片羽に「ありが」もう片羽に「とう」と鉛筆で書き込んだ。
すぐに渡さないと渡せなくなるような気がしたので、
台所の母に黙って差し出した。

母はじっと折り鶴を見たまま何も言わない。
私はもしかしてこれから褒められるのかもしれないと、
口元が緩み始めていた。
その瞬間母はこう言ったのだ。
「こんなもの作って、何?」
私はすぐに察した、この人には通じない。
人の想いは全く通じないと。
涙も出なかった。
別にやっぱり想像していたことが起きただけだと思った。
バカな事をした。
無駄な事をした。
自分で自分を傷つけただけだった。
そのまま外に遊びに行った記憶がある。
もう夕暮れだった。

あの赤い折り鶴は何処にも飛べず、
誰にも届かない「ありがとう」の羽を広げて、
ゴミ箱の中で私の代わりに泣いていたのかもしれない。

母の日は娘としていい思い出がない事が、今この歳で悲しいな。



★ブログ引越し前のコメント記載★
<この記事に対するコメント>

雪の日のお爺さんのこと、母の日のお母さんのこと、その時の情景が目に浮かぶようだ。
見事な描写に脱帽したよ。
で、そのお母さんとは、今どうしてるんだ?

* 投稿者: わらしべさだお
* 2010/05/08(土) 11:11:35


わらしべさだおさんへ

褒められちゃった?
いいのかなぁ図に乗るタイプですよ。
(^_^;)

母は76歳、私より元気にパートに励んでいます。
昔よりずっと静かな人間になりました。
急に優しくするのも気恥ずかしいので、
必要とされた時には飛んでいくつもりです。

ところでこんな良い天気の日に、
チンケなブログ読んでいていいのでしょうか。
でもコメント嬉しいです、ありがとう!
(^_-)-☆

* 投稿者: オスカル
* 2010/05/08(土) 12:21:49


関連記事

Latest Posts