FC2ブログ

 31,2018 平成最後の大晦日 READ MORE

 27,2018 東京ミッドタウン日比谷 READ MORE

 24,2018 スカイツリーのクリスマスツリー七変化 READ MORE

 20,2018 アメ横で見つけた READ MORE

 19,2018 プロジェクションマッピング2018@スカイツリー READ MORE

 18,2018 夫婦でシン・ゴジラ READ MORE

 11,2018 上野公園の紅葉 READ MORE

 10,2018 えちご長岡・佐渡 READ MORE

 09,2018 芸術家さんは寒さ知らず? READ MORE

 08,2018 上野は芸術の森 READ MORE

 07,2018 パンダ橋とパンダ石 READ MORE

welcome-image-photo
我が家は平成30年も無事に家族揃って大晦日を迎えることができました。お殿(夫)は毎晩子守唄代わりに聴いていた『Lemon』の米津玄師が、NHK紅白初出場するので一週間前から予約録画し準備万端体制。因みにその曲が主題歌だったドラマ『アンナチュラル』(TBS)の再放送も朝から録画しながら観ます。ワタシはこの1年、昨年から始めた習い事を通うことができました。1つは皆勤賞、1つは夏に休んだものの出席率高かったです。...
平成最後の年末もいつも通りに過ぎていく我が家。さあ残り数日幾つ記事をUPできるか、撮影画像を整理できるかな?10月、今年春に開業した東京ミッドタウン日比谷へ初めて行って来ました。宝塚ファンのワタシはこの先の東京宝塚劇場へ通っていたので、様変わりした手前の巨大ビルの出現にビックリです。エントランスホールはシックな色調で高級感溢れ、大人の客層狙いでしょうね。天井も素敵。柱さえもエレガント。スッキリとした...
Merry Christmas東京下町のクリスマスツリーはスカイツリーそのまんま。山の手のクリスマスツリーは東京タワーで先日還暦を迎えたそうですね。プロジェクションマッピングを撮影した際、同じスカイアリーナのクリスマスツリーもカメラに収めてきました。LED照明で七変化どころかその倍位見る見るうちにカラフルに変身するツリー。「あっ、ちょっとその色待って~止まって~」と焦るわ困るわ。(汗)自由過ぎるクリスマスツリーにシ...
記事飛び飛びですが、上野公園散策記事の最終回は立ち寄ったアメ横編。ガード下にはマグロ出現?ワタシはアメ横10年以上ぶり。もはや日本人じゃなく外国人観光客相手に商売してるって感じだね。オモシロ被写体があちこち見つかりました。バランス悪い書体の看板やら、お店のPRなのに「デレビ」って誤字に笑ったり、階段で上がるセブンイレブンとか、入るのが躊躇われる入り口とかね。時代を感じるお店も増えていて、アメ横は商魂...
昨夜、スカイツリーのプロジェクションマッピングを見てきました。平日だし晴れだし気温も平年より高めだし何より風もないので撮影へ。公式HPで紹介されているように、塔体だけの投影は2年ぶり。プロジェクションマッピングはやはり動画で撮影したほうが正解でしょうな。音楽とのマッチングもあるしね。今回特徴的だったのが、レザー光線。特設のテントから塔体へ何度かレーザービームが放たれ、それが第一天望回廊真下まで上がっ...
日曜日、地デジの『シン・ゴジラ』を夫婦それぞれ違う部屋で視聴した。この映画はWOWOWで放送された時、録画してBDにダビングしていたが、夫もワタシもいつか観ようと呑気に過ごしタンスの肥やしならぬ、棚の肥やしとなっていたのである。今回地デジ放送を知り、朝ドラ『まんぷく』の長谷川博己の違う役、演技が観たいのもあり、日曜劇場『下町ロケット』を捨て(録画はした)、NHK大河ドラマ『西郷どん』の最終回(延長15分)の...
燃えるような紅葉でしょ?東京はイチョウが圧倒的に多いので、モミジやカエデの朱色はどの場所にいてもこの時期目立ちます。上野公園散策記事6つ目は、上野公園の紅葉を。午前中から上野公園は結構な数の人出。自然の変化を前に人して言葉を失う時がありますね。何色かを決めつけることは人間のわがままでしかないのような気もします。公園内は車は進入禁止かと思いきや、トラックと遭遇。これだけ広いのだから運搬するのは車じゃ...
上野公園散策記事5つ目。上野公園噴水前広場(竹の台広場)では『えちご長岡・佐渡観光フェア』が開催されていました。長岡といえば花火。正三尺玉の説明には皆さん興味津津。小千谷市の錦鯉。頭の中で金額を想像しながら、泳ぐ芸術作品を鑑賞。下町のお祭りでも塩焼きは見かけるけど、やはり新鮮さが雲泥の差。広場の端にはスタバが!いつからあったの?家族揃って浦島太郎状態でありました。続く。...
この時期しか見られない緑から黄色へと変化するグラデーション。上野公園散策記事4つ目です。上野動物園入り口と噴水池が交差する上野公園で一番広い場所に、見知らぬ子を抱っこするキリスト?発見!えっ?ワタシを呼んでる?「聖母子」って足元に書いてあるけど、おじさんがマリア様なの?「ヘブンアーティスト」とは東京都が審査し合格したアーティストで、芸術文化に触れることを目的としているそうです。(ググりました)それ...
上野公園散策記事3つ目。春の花見程の混雑ではありませんが、そこそこ人が多い上野公園。その目的はそれぞれ違っているようで、フェルメールやムンク展。上野動物園など目的地は違います。パンダの赤ちゃんシャンシャンも生後1年半となり、只今親離れのトレーニング中。母子一緒に過ごす時間も残すところわずか。人間だけが後ろ髪を引かれて寂しいね。上野の森はちょっと背筋を伸ばして歩きたくなる不思議な場所。特に晩秋から初...
師走の上野公園散策記事2つ目。上の画像は上野駅東西自由通路、通称『パンダ橋』です。災害時の避難通路として平成12年(2000年)に完成、上野駅中央口と公園口をホーム頭上で結ぶ橋。(公園口から中央口を望む)その存在をつい先日までワタシは知りませんでした。花見の季節に上野公園に来ることはあったのですが、駅の公園口から動物園方向へ目もくれず歩くので逆方向のこの橋は視界にすら入りませんでした。橋の袂には、「パン...