FC2ブログ

 25,2016 天寿 READ MORE

 10,2016 徳光さん御一行に遭遇 READ MORE

 08,2016 1935階段と中央線列車 READ MORE

 07,2016 旧万世橋駅1912階段 READ MORE

 04,2016 ジオラマ旧万世橋駅 READ MORE

 04,2016 今日明日はダイヤモンド富士 READ MORE

 03,2016 マチエキュート神田万世橋 READ MORE

welcome-image-photo
先週義母が99歳の天寿を全うし黄泉の世界へ旅立ちました。自宅で家族に囲まれ老衰で息を引き取りました。幸せな人生だったのではないかと思います。最期まで生き切った姿は「真摯」という言葉が似合います。合掌。...
1月末にお殿と日本橋のCOREDO室町へ初めて行ってみました。その散策記事はまた詳しく報告しますが、丁度徳光さんの旅番組のロケをしておりました。カメラやマイク、スタッフがいなければフツーのおじさんの徳光さん。そこがまた魅力でありますよね。一緒に旅する篠原ともえさんは流石に女優ファッション、目立ちます。もう一人の田中律子さんは大人の落ち着きある装いでした。徳光さんはあちこちから声を掛けられ上機嫌。どうやら...
旧万世橋駅記事の続きです。1935年に造られた階段。鉄道博物館(当時名)の新館建設に伴い1935年に設置されたそうです。階段の壁面には白いタイルが貼られ、角には丸みを帯びた懐かしいタイルが。亡き父がタイル工事業を営んでいたので、家には沢山の種類のタイルがありそれを見て育ちました。最近はこの丸いタイルは滅多に見掛けません。父が生きていたらうんちく話に花が咲くことでしょう。階段を上がると・・・、中央線...
先日バス停でバスを待っていたら、見覚えのある顔の大柄な男性が自転車を漕いで通り過ぎました。「あっ!高見盛だ!」と気付いた時はもう後ろ姿。振分親方(元小結・高見盛)を見掛けるはこれで二度目。普段はメガネ着用している親方、一瞬似てる人かな?と。三度目は話し掛けてみようかしら。マチエキュート神田万世橋の記事の続き。旧万世橋の名残が沢山ありました。こちらは1912階段。その名の通り1912年(明治45年)...
マチエキュート神田万世橋の中には、旧万世橋駅のジオラマが展示されていました。初代駅舎は関東大震災で消失し、二代目は平屋建て。大きな駅舎は鉄道博物館(後の交通博物館)へ譲渡。太平洋戦争中に駅は休止となったそうです。そして交通博物館は老朽化の為、近年埼玉県さいたま市で新たなスタートを切りました。一番最後の画像の写っているホーム部分が、マチエキュート神田万世橋として整備されました。その様子は次でね。...
今日は立春。NHK気象キャスターの檜山さんが以前から話題にしていたことを、昨夜も詳しく説明してくれてました。それは今日明日しか見れないダイヤモンド富士。気象条件が良ければ、神宮外苑絵画館前からそれが見えるそうです。国立競技場が取り壊され今だけそこから富士山が見えるようになったから。もう来年には新国立競技場の工事が始まっているので、今年が大チャンス!そして明日より今日のほうが天気が良い。きっと朝から三...
「清原、何やっとんねん!」夜中の速報には驚きとがっかり感しかありません。「自分の中の鬼を退治しろや!」と。「鬼は外!福は内!」だすなぁ。(かなり朝ドラ影響してます)気を取り直して、前回の散歩記事の続きです。万世橋の下を流れる神田川。川向うの赤レンガアーチ造りの高架橋はその昔、交通博物館でありました。子供の頃には小学校の社会科見学、母親になっては息子を連れて何度か訪れました。現在は小洒落たお店が並ぶ...