FC2ブログ
welcome-image-photo
女子パシュート銀メダル獲得!もう少しで、いや絶対金だと確認していましたよ~、だって最終周まで1秒以上の差ですもん。しかしゴールした時は同時、最後の一人の脚先が0.03秒遅かったのです。でもよくぞ、よくぞ取りました。ご立派銀メダル、それにパシュートの競技を広めましたよ。いやー面白い!3人で滑走、チーム力の賜です。これは大きな収穫です。...
バンクーバー五輪最大の見せ場となったフィギュア女子フリー。19歳女王対決は言葉が悪いが下馬評通り。キム・ヨナが金、浅田真央が銀。お互いパーソナルベストを出したが、一方は世界新を大幅に更新。一方は本人だけ悔しさばかり心に残る記録だった。今回よく耳にしたのが出来栄え点。GOE(Grade of Execution)は、演技審判によって0をベースとし-3から+3の7段階で評価された各要素の出来栄えのことらしい。素人には演技の細...
金メダル キム・ヨナ 228.56点世界最高銀メダル 浅田真央 205.50点銅メダル ジョアニー・ロシェット 202.64点4位    長洲未来 190.15点5位    安藤美姫  188.86点8位    鈴木明子  181.44点 最高の喜びの金メダル キム・ヨナおめでとう!自分に悔しい銀メダル  真央ちゃんこれからだ、よくぞトリプルアクセル2回決めた、おめでとう!悲しみを堪え天国に届いた...
同じ年、同じ月に生まれた女の子。お国は日本・韓国と違うけれど、両親と姉の家族構成まで一緒。アイススケートをこよなく愛し、頂上を目指し今日対決。キム・ヨナは浅田真央を「もう一人の私」と呼ぶ。このライバルなくしてこのオリンピックまでの努力はなかっただろう。互いに切磋琢磨して女子フィギュアのレベルを天辺に押し上げた。誰も近づけない程の二人の行ったきりレース。戦いは当分続くとわかっていても、オリンピックの...
大学1年の時、高校ソフト部の合宿に友人と共に参加した。OGという立場だったのでほとんど遊び感覚、練習よりも夜のお出かけに熱が入った。さて今夜はどこのお店に行こうかなと思案しながらお風呂場に向かう。入浴後、入れ違いに脱衣場に入って来た友人Mがあわてて叫ぶ。「きゃーパンツ落としてきちゃったぁ、どーしよう!」「ええっ大変じゃん、私もう出るから廊下をみて部屋に戻るよ」「ありがとう、あのさー白地に花柄なのよ...
バンクーバー五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム。浅田真央選手73.78点。「仮面舞踏会」でトリプルアクセルを見事決め柔軟な表情で完ぺきな演技。本人も演技終了後満足そうだった。ライバルの韓国キム・ヨナ選手は「007」ノーミスでさすがの演技力と表現力、自己の持つ世界最高得点を塗り替え78.50点。この二人で金メダルを争うことになりそうす。2日前に母親が急死したカナダのジョアニー・ロシェット選...
いよいよ女子フィギュア・ショートプログラムが迫ってまいりました。我が愛娘、いや日本国民の愛しい娘、浅田真央ちゃんの登場です。全日本選手権で4連覇して今シーズンのスランプを脱した努力と精神力。ぜひメダル獲得で成果を出していただきたい。思えば連覇の始まりは、年齢制限でトリノ五輪に出場できなかった年からです。あの時はまあ4年後でもいいか、と漠然に思っていまししたが今回は違う。(もう4年も過ぎてしまったの...
脱いだ洋服の匂いを嗅ぐのが好き。帽子も同じ。洗濯したてのタオル、洗い髪、新品の本。枕の匂いも嗅いじゃう。でもさすがに靴、靴下はしませんよ。食べ物も食べられるかは鼻で決まる。決める。ほぼ間違うことはない。最近は息子の部屋の匂いが気になります。若い男の匂いがプンプンする。あーこんな匂いが主人の若い頃してたなぁと掃除をする。主人の部屋は、加齢臭とまでいかないけど全く違う匂い。うーん、おじさんは悲しい。息...
寝室でのレースの妖しげな下着の脱ぎ方かぁ?ああ、殿方からすれば脱がせ方かぁ?いやらしい想像をしているな、おぬし。お気の毒さま、ちと違うんです。我が息子が毎週送ってくる洗濯物の話ですから。若旦那は一人っ子、何をするにも手をかけてしまったので後はお任せ状態が多い。脱いだものはすべて裏返し。下着、靴下、シャツ、パンツ・・・確かに今まで注意した覚えがないと最近気づいた母であります。まずったか育て方。もう遅...
新幹線は東に向って加速し始めた。とうとう終わる修学旅行。高校生活も残り1年。さっき3年のクラス分けが各自知らされたばかりだ。修学旅行の帰りの新幹線で発表される恒例行事らしい。大騒ぎはひと段落した。3Gか、担任は誰だろう。まあそんなことはどうでもいいや、遊べ遊べ東京まで。2Iのみんなと騒ぐのも今夜が最後だ無礼講。男女入り混じりトランプゲームに熱が入る、誰かが罰ゲームを提案した。いいぞ盛り上げ大賛成!...
女の敵は女とはよく云いますが、中年女の敵は白髪でございます。ロマンスグレーは素敵な中年紳士の代名詞。私ら年代の女性には当てはまりません。白髪こそ敵、憎っくき敵。あちらと思えばまたこちら、見立つところにばかり現れては、ケケケッと嘲笑っているかのようです。しわたるみはこの際諦めもつきますが、白髪は都合良く染めることができるのです。これがまた厄介、染めれば染めるほど出てくる白髪が気になります。あ~ジレン...