FC2ブログ
welcome-image-photo
隅田川に架かる鉄橋ををゆっくりと東武の列車がその古い建物の中に飲み込まれていく。大きなプラレールの模型を眺めている錯覚が襲う。東武浅草の駅と浅草松屋は一心同体の運命だった。下町のデパートはここと親から教わり連れられた。ゆったりとしたエスカレーターは途中の階で別の場所へ歩いていかなければ次階に行けず、エレベーターはとてものろく階段ダッシュに負けるかも。屋上は昔ながらの遊技場。小動物はもういないのだろ...